野菜関連ニュース

  • 2016.04.26

    北朝鮮、野菜価格「急騰」の原因(デイリーNKジャパン)

    北朝鮮北部の山間地域を中心に、野菜の値段が急騰し、庶民の暮らしを直撃している。 両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、今年2月には1キロ2500北朝鮮ウォン(約37.5円)だった白菜が、4月に入って7000北朝鮮ウォン(約105円)まで高騰。これは ... [全文]

  • 2016.04.26

    熊本農家、苦しい最盛期 野菜出荷へ奮闘(日本経済新聞)

    地震で大きな被害が出た熊本県で、農家らが野菜を出荷しようと奮闘している。被災した選果場の機械が使えなくなり、手作業による選別や箱詰めが続く。ナスやスイカなどの出荷は最盛期を迎えており、生産農家は「少しでも多く食卓に届けたい」と意気込む。 西日本最大級のJA ... [全文]

  • 2016.04.26

    熊本農家、苦しい最盛期 野菜出荷へ奮闘(日本経済新聞)

    地震で大きな被害が出た熊本県で、農家らが野菜を出荷しようと奮闘している。被災した選果場の機械が使えなくなり、手作業による選別や箱詰めが続く。ナスやスイカなどの出荷は最盛期を迎えており、生産農家は「少しでも多く食卓に届けたい」と意気込む。 西日本最大級のJA ... [全文]

  • 2016.04.26

    《実食!》ミシュランシェフの野菜たっぷりランチをカフェで気軽に!『MAGGI CAFE』期間限定オープン!(Jタウンネット)

    原宿・東郷神社近く、緑に包まれた閑静なフレンチレストラン『KEISUKE MATSUSHIMA(ケイスケ マツシマ)』。『ミシュラン』で10年以上、星を獲得し続ける松嶋啓介氏のお店です。 ここに、併設されているカフェ・ビストロ『カフェ ニースマタン』が、6月末まで『MAGGI CAFE』として ... [全文]

  • 2016.04.26

    食べやすい!料理しやすい!三島町が地場野菜で「パウダー」(福島民友)

    三島町は本年度、規格外野菜などを粉末状にした「野菜パウダー」の導入に向けた取り組みを本格化させる。粉末のため長期間の保存が可能で、高齢者が食べやすいように料理しやすいのが利点で、パウダーを使ったレシピの開発や、製造コストなどを調査し、実用化の可能性を ... [全文]

  • 2016.04.26

    島野菜を栽培、調理 6次産業化へ期待 美ら島キッチン、あす名護で開店(琉球新報)

    【名護】農家の所得向上につながる6次産業化拠点を目指す「なごアグリパーク」(名護市名護)で、指定管理者の美ら島財団が27日に開店させるレストラン「美ら島キッチン」の試食会が25日に開かれ、店舗内が公開された。沖縄の島野菜をお湯に通す「島野菜・薬草しゃぶしゃぶ」 ... [全文]

  • 2016.04.25

    松本ミーコハウス「美しい野菜」最終3巻、サイン入り複製原画プレゼントも(コミックナタリー)

    松本ミーコハウス「美しい野菜」の最終3巻が、本日4月25日に発売された。 on BLUE(祥伝社)にて連載されていた「美しい野菜」は、地味な性格の小説家・太郎と、年下のさわやか系男子・治樹の関係を描いたエロティックラブストーリー。3巻では太郎が、現在大手出版社に勤める ... [全文]

  • 2016.04.25

    野菜食べようと思ったら「土が入ってた」 ファミマ「育てるサラダ」に「まぎらわしい」の声殺到(J-CASTニュース)

    ファミリーマートで販売中の野菜栽培キット「育てるサラダ」シリーズを巡り、ネット上で「普通のサラダと間違えて購入してしまった」との報告が上がり始めている。 実際、J-CASTニュース記者がファミリーマート店舗で「育てるサラダ」を購入したところ、栽培キットにも関わらず、店員 ... [全文]

  • 2016.04.25

    野菜食べようと思ったら「土が入ってた」 ファミマ「育てるサラダ」に「まぎらわしい」の声殺到(J-CASTニュース)

    ファミリーマートで販売中の野菜栽培キット「育てるサラダ」シリーズを巡り、ネット上で「普通のサラダと間違えて購入してしまった」との報告が上がり始めている。 実際、J-CASTニュース記者がファミリーマート店舗で「育てるサラダ」を購入したところ、栽培キットにも関わらず、店員 ... [全文]

  • 2016.04.25

    自宅で育てる「カップ野菜」が持つ3つの利点(ガジェット通信)

    現在、野菜ライフスタイリストとして活躍する伊嶋まどかさんは、かつて、植物を枯らす失敗を何度も経験。ベランダに残された鉢や土などの道具を見ると、さらにへこんだというが、不用になった鉢を眺めながら、コンテナや畑で育てる前に、ポットに種まきをすることを思い出し、 ... [全文]

  • 2016.04.25

    【作り置き&時短】“野菜玉”なら鮮度低下もフリーズできる!知って得する野菜玉のコツ (クックパッド ダイエット)

    野菜には抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミン、ミネラルが豊富。しかし新鮮なお野菜も何日か冷蔵庫で保存していると栄養価はどんどん下がってしまいます。野菜をフレッシュなうちに加熱し、野菜玉にして冷凍すれば、栄養価も新鮮な時のまま。もっと使える野菜玉のコツを ... [全文]

  • 2016.04.25

    母親9割が実感、子どもの朝食は「野菜不足」…小中学生実態調査(リセマム)

    さらに、朝食時の「野菜摂取状況」に関する質問では、「朝食において、毎日野菜を摂っている」子どもは全体のわずか27%。「摂っているが毎日ではない」46%、「摂っていない」27%という結果だった。また、朝食で「子どもが野菜を食べ残すことがある」と回答した人は57%に ... [全文]

  • 2016.04.25

    ゆでじゃがいもとたこのにんにく炒め(朝日新聞社)

    大根1本、かぼちゃ1個など、丸ごと買ってきたのに、結局使い切れず傷んでしまった……。そんな苦い経験はありませんか? そこでおすすめなのが、野菜をまとめて下ごしらえしておくこと。そうすることで使い切ることができ、次に料理をするのが断然ラクになります。 ◇ ... [全文]

  • 2016.04.25

    岩手の野菜で選手応援 大阪の団体が県内に農園開設(岩手日報)

    全国から有望な少年卓球選手が集まる関西卓球アカデミー(大阪市)の保護者でつくる団体ワンラブピンポンは26日、盛岡市の食の販売サイトOlahono(おらほの、渡辺里沙代表)と連携し、矢巾町など県内4カ所にスポーツ選手の食を支えるOne Love(ワンラブ)農園を開設する ... [全文]

  • 2016.04.25

    【果物お土産ビジネス:1】爆買いと制度が変える果物ニーズ(HANJO HANJO)

    イチゴ1粒が数千円で取引されるなど、近頃では日本の果物が海外で注目を集めている。それは輸出に限った話ではない。果物売り場で観光の最後にお土産を買い求める観光客がいれば、食べ放題を売りにしている観光農園でも外国人の利用が増えている。ただ、利用している ... [全文]

  • 2016.04.25

    野菜の苗8000本を1本80円で販売 安総ファームデー(東京新聞)

    安中市の県立安中総合学園高で二十三日、各種野菜苗を販売する「安総ファームデー」があった。午前九時の販売開始前には約三百人が並び、販売開始から二時間でほぼ完売する盛況ぶりだった。 野菜苗は、いずれも同校生物資源系列の生徒らが栽培した。ナス、キュウリ、 ... [全文]

4

  • ホーム
  • ブログパーツ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ページの上部に戻る